SPOON

【SPOON スプーン】自分らしさが表現できる音声ライブ配信!

どうもアプラボです!

今回は音声ライブ配信の「SPOON スプーン」のついて紹介していきます。

コロナ渦でブームが巻き起こっているのが、ライブ配信アプリです。「Spoon」は、顔出しなし・音声のみで、「17Live」や「ポコチャ」とは違いラジオのように利用できます。

株式会社「Spoon Radio Japan」が提供・運営しており、全世界で3000万人以上が利用しています。

以下では、基本的な用語とシステムについて紹介します。

SPOONの基礎用語

音声配信アプリには、専門の用語が複数存在します。あらかじめ用語を覚えていた方がスムーズにアプリの利用ができるので、覚えておきましょう。

基礎用語 意味
DJ 配信者
マネージャー DJのサポートをする人
放送・配信
スプナー 配信者や視聴者すべての呼称
チョイス 注目の配信者
潜る 聴くだけの視聴者
ファンポチ 「FAN」アイコンを押して配信者のファンになる(Twitterでいうフォロー
my ファンポチした人
ファンボード DJの配信にコメントできる掲示板
雑談枠 雑談の配信
寝落ち枠 寝る前の配信
過疎枠 リスナーが少ない空いてる配信
LIVE 生配信
CAST 録音済の配信
TALK 最大30秒の音声コンテンツ配信

以上がだいたいの用語になります。これを抑えておけば迷わず配信が楽しめます!

SPOONの基本システム

SPOONには主に3つのコンテンツがあります。

  1. LIVE 
  2. CAST 
  3. TALK

リスナーは上記3つのコンテンツを利用して、音声配信を楽しんでいきます。

LIVE(生配信が利用できるコンテンツ

LIVEは、「リアルタイムのライブ配信」のコンテンツです。Spoonの中心となる機能で
配信者とリスナーで、コミュニケーションを取れることが魅力です。

配信者は声や音、コメントといった方法でリスナーへ配信を行います。

リスナーはコメントをしたり、ハート(いいね)課金アイテムを送って配信に参加していきます。もちろん聴くだけでアクションはかけないこともできます。(=潜る)

LIVEは1回2時間まで利用できます。時間延長アイテムを使用することで最大4時間まで伸ばすことも可能です。

CAST(録音された配信を視聴するコンテンツ)

CASTでは録音された配信を楽しむコンテンツで、自分の好きなタイミングでサービスを利用できることが魅力です。

「歌ってみた」「演奏してみた」「朗読」等の配信がメインです。

リスナーはハートを送ったり、お気に入り登録をして、連続再生などが可能です。

TALK(30秒の短い音声を視聴するコンテンツ)

30秒までの音声を楽しめます。録画されたものなので、こちらも自分の好きなタイミングで利用出来ます。

掲示板のようなものに音声を登録していく形です。

内容は「おやすみをみんなで」や「~の台詞を言おう」といったものになります。

まとめ

基礎用語と基礎システムを紹介しました。

外出が厳しいご時世、SPOONを利用しておうち時間を楽しんでみてはどうでしょうか!